美肌の最適湿度とは?

美肌の最適湿度とは?

11月に入り朝晩は空気がひんやりと冷たくなってきましたね。

空気も乾燥してくるこの頃、寝起きに鼻や喉が乾いていることがありませんか?

枯れ葉 木枯らし 枯れ木 茶色 青 白 青空 晩秋 冬 物悲しい 枝 背景 植物


乾燥でお肌もカサつく!

そんな乾いた空気の中にいると、
お肌の水分はどんどん蒸発しちゃうんです。

皮脂膜セラミドIMFなどの保湿成分が
なんとか乾燥を食い止めてくれるので

パリパリの枯葉のように、
とことんまで乾燥する事はないものの…

やっぱり、お肌には悪影響~!

お肌の乾燥がひどくなると、
肌荒れや、小じわの原因にもなったりするんですよ。
  

では、お肌に最適な湿度とは?

肌に良い湿度は、60~65%といわれています。

湿度50%を下回ると、
お肌がじわじわと乾燥しはじめます。

季節毎の平均湿度を見てみましょう。

春 4~ 6月  50%~60%
夏 6~ 8月  60%~65%以上
秋 9~10月  50%~60%
冬 11~3月  30%~50%

冬場をのぞいて、だいたい湿度50%超えてますね。

ということは…

日本ってわりと、お肌に優しい湿度なんですね~ 

だけど、安心してばかりはいられない。。。

現代の気密性の高い住宅環境では、エアコンの効いた室内の場合、
湿度が20%以下なんてことにも!
 

これは、お肌にとって超過酷。
そのまま放っておくと、カラカラに乾燥しかねません。「小じわ」の画像検索結果

乾燥したら加湿!

加湿器は、空気に湿気を与えてくれる便利アイテム。
どんな乾いた空気も、たちどころに最適湿度にしてくれるのです。

肌にとって最適な湿度は、60~65%なので
60%目安にして湿度をキープするのがおすすめですよ。

   
加湿はインフルエンザの予防にもなる

また、空気が乾燥するとお肌に悪いばかりか、

インフルエンザのような、空中に浮遊しているウイルスが、
元気になっちゃうそうです。

ところが、加湿することで、
ウイルスを退治することができるんです! 

湿度40%でウイルスが生存しにくくなり、
湿度50%で約半分のウイルスが死滅します。

湿度60%では、なんと80%のウイルスが死滅するそう。

お肌のためにも、健康のためにも
湿度60%以上を保つことが理想なんですね!

こまめな加湿で、美肌と健康を守りましょう* 

Pocket

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

高比良麻衣子

福岡市早良区生まれ。 30歳の時に発症した難病『網膜色素変性症』という目の病気をきっかけに鍼灸マッサージ師の道を志す。 資格取得後、様々な治療院研修やセミナーに参加をするも、確信を得るものに出会えずにいたが『表面的・一時的ではない、身体の健康から生まれる美しさ』を再現出来る上田式美容鍼灸®に出会う。一度で大きな治療効果、美容効果があることに驚き、また顔だけではなく全身の状態を診て体の調子を整えていく在り方に共感し、認定美容鍼灸師となり現在に至る。美容の悩みだけでなく、自身も悩まされていた眼精疲労や頭痛といったVDT症候群、アトピーに悩む患者を多く担当。そのすべての患者を笑顔に導く治療に力を入れている。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line