学校では教えてくれない洗顔法

「洗うこと」の大事さを

ずっとお伝えしておりますが

正しい洗顔の仕方。

洗顔法って誰からか教わりましたか!?

学校でも教えてくれません。。

かなりの自己流な方が多いのが現状ですよね。

教わってないなら仕方のないことです(+o+)

 

 

間違ったケアは肌荒れなど、さまざまな肌トラブルの原因になります。

 

そこでしっかりと洗顔のポイントをお伝えいたします(*^_^*)

 

 

 

ポイントとしては

酸化した皮脂やメイクなどの汚れのみ

大事な皮脂膜を洗い落として

肌のターンオーバーを乱さないことです。

不必要な物だけを取り除くこと。

 

 

 

 

洗顔は毎日行うことですから

正しいか間違っているかで

劇的に変化を感じるところです。

 

 

①手を清潔にしてから洗顔をする

洗顔料をよく泡立てるため

そして雑菌や汚れをついた手でお肌に触れ

悪化しないためにも清潔な手で洗いましょう。

 

 

 

 

②しっかりと泡立てる

洗顔料を細かい泡を作るようによく泡立てます。

泡立ては正直難しいです。

無駄をなくすためにも

泡立てネットを使うことをおすすめします。

 

 

 

 

 

③Tゾーンから洗う

手と肌の間にクッションのように

決して肌に触れないように泡であらいます。

まずはTゾーンやあごなど

皮脂が多い部分からやさしく洗います。

 

 

 

 

④目元口元はのせるだけ。

皮膚が薄く乾燥しがちな目元や口元などは

泡をのせるだけ。

擦るとシワ、くすみの起こりやすいところです。

ということは濃いメークはやはり肌に負担ということです。

できれば普段は薄いメークで、

勝負どころだけ濃いメークにするなどして

毎回洗顔にちからの入るものは危険です!

 

 

 

 

⑤すすぎは適温で。

洗顔料を落とす温度は

熱すぎずぬるすぎず

洗顔料が肌に残らないようにしましょう。

お湯の温度は33℃~36℃くらいがベスト。

 

 

 

⑥仕上げのタオルも優しく

すすいだあとは、

清潔なタオルで決してゴシゴシせず

顔を押さえるように

やさしく水分をとります。

 

 

 

⑥仕上げは必ず保湿。フタを忘れずに

洗顔後の肌から水分が蒸発するときに

角層の水分が奪われる過乾燥になりがちです。

終ってすぐではなく

ツッパリ感が出たときが化粧水を入れこむ合図。

人により異なりますが5分程度かな

肌が断食状態になり

しっかりと水分を入れこんでくれます。

そして最後に入れこんだ水分を逃さないために

クリームで蓋をしてあげましょう。

 

 

 

美容鍼灸でしっかりと

内側からぷるぷるもちもちにしたところを

しっかりと維持

さらに効果をアップさせるためにも

洗顔には気を使いましょう(*^_^*)

美容鍼灸について

0924078983

LINEからもご予約大歓迎!ただいま初回クーポン発行中♪

友だち追加数

 
Pocket

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

和田紋子

3児の母でありながらも骨盤や姿勢を改善させ、くびれはもちろんのこと フェイスラインもシャープにできるセラピスト。 自身の離婚、子供の障害、病気、虐待、うつ、薬漬けの日々を抜け出した経験から”笑顔”の大切さを実感。 ママたちの笑顔で子供も救われる。幸せになる。 ママたちの諦めていた”女”を取り戻してもらう事を使命に ママたちの素敵な笑顔を創り出し、その家族も幸せに導いていく施術、カウンセリングを提供している。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line