すっきり起きれない。昼間でも眠い。寒くなるとさらに眠くなる。それは自律神経が関係しています。

div>

12月でこんなに寒くなるとはびっくりです!

なぜでしょう、寒くなるとなかなか起きれない。昼間もやたら眠い。。

睡眠に関してのお悩みをよくお伺いいたします。

 

 

原因①自律神経の乱れ

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり

簡単に説明すると

活動的に活発に働く交感神経

リラックスするための副交感神経

ONが交感神経OFFが副交感神経といったように

この二つのバランスで生命維持につながっております。

 

 

 

起きている時と寝ている時の脳や内臓の働きなども

自動的に切り替えてくれます。

朝になると目が覚めて、

夜になると眠くなるのも自律神経の働きです。

 

 

 

 

しかし自律神経はとても繊細。。。

ストレスやホルモンバランスで

すぐにバランスを崩してしまいます。

すると自律神経は乱れ

オンオフのスイッチを切りかえれなくなります。

 

 

 

 

通常睡眠時は副交感神経が優位に働きますが

自律神経のバランスが乱れること

交感神経が優位に働き

セロトニンの生産量も少なくなります

セロトニンが不足すると睡眠の質も低下し

睡眠時間はとっているのにスッキリ起きられない!

ということになってしまいます(>_<)

 

 

 

特に、日照時間の少ない冬や梅雨の時期は
 
セロトニンが不足しやすく、
 
なかなか布団から出られないということになります。
 
 
 
 
 
 
原因②冷え

朝は気温だけではなく、体温も下がっています。

そして寝ている時は体を動かさず筋肉を休めています

ということは筋肉が動かないので

熱が作れず体温は下がり、血流も低下、血圧も下がります。

寒い上に低血圧でフラフラしてなかなか起きられなくなってしまうのです。

 

 

 

セロトニンとは睡眠を安定させるためのホルモンです。

朝の目覚めにも重要な役割を果たしてくれ

それを分泌するためには光が必要なのです!!

人の体内リズムは25時間だと言われておりますが、

太陽の光をあびることにより体内リズムがリセットされます。

冬は日の出も遅いので普段起きる時間でもまだ暗いまま。
 
そこで冬は照明の力を借りましょう!!
 
 
 

 

 

タイマーで電気をつけるのもいいですね

もしくは目覚ましセットしてすぐに電気をつけるなどし

明るい光を浴びましょう!(^^)!

 

 

そして自律神経を整えるためには

寝る準備を整えましょう

就寝前にテレビでドラマを観たり、

スマートフォンをすると、

脳が興奮してなかなか寝つけず、睡眠の質も下がってしますので

気をつけましょう!(*^_^*)

 

 

 

また、深くゆっくりとした深呼吸は

副交感神経が刺激します。

脳や身体をリラックスさせることができ

お腹をゆっくりとしたリズムで動かす

腹式呼吸を寝る準備としておこなうといいですね=^_^=

 

 

 

 

しかし現代の中では

なかなかストレスがとれないのも事実

そんな時は

プロにお任せください♪

自律神経を整え

びっくりするぐらい質のいい睡眠をとることが可能となります☆

自律神経治療

 

0924078983

LINEからもご予約大歓迎!ただいま初回クーポン発行中♪

友だち追加数

 
Pocket

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

和田紋子

3児の母でありながらも骨盤や姿勢を改善させ、くびれはもちろんのこと フェイスラインもシャープにできるセラピスト。 自身の離婚、子供の障害、病気、虐待、うつ、薬漬けの日々を抜け出した経験から”笑顔”の大切さを実感。 ママたちの笑顔で子供も救われる。幸せになる。 ママたちの諦めていた”女”を取り戻してもらう事を使命に ママたちの素敵な笑顔を創り出し、その家族も幸せに導いていく施術、カウンセリングを提供している。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line