最近化粧のりが悪い、粉ふきだした、カサカサ、ガサガサ、、、保湿だけしても改善はされません。

div>

最近口の周りがガサガサしてきた。

粉ふき状態。

化粧のりが悪い。。。(+o+)

そんなお悩みの方、多いですね。

 

 

びっくり!!なぜ顔から粉がふいてしまう?

 

 

 

粉ふきの状態とは

皮膚の死んだ角質がはがれている状態のこと。

 

 

 

皮膚は表皮、真皮、皮下組織に分けられ

表皮は、厚さが平均約0.2ミリとラップい枚程度

そして表皮は内側から基底層、有棘層、顆粒層、角質層の4つに分けられています。

 

 

 

 

基底層から細胞が分裂して分化し

平らになって積み重なり角層を作り

最終的には垢となってはがれます。

この生まれ変わりを肌のターンオーバーとよびます。

 

 

角質層は角質細胞がレンガ状に積み重なり

体内の水分が外に失われていくのを防ぎ

逆に外からの刺激をブロックする役割があります。

 

 

 

角質がしっかりとしていることで

肌のキメは整い、ハリのある美肌に(*^_^*)

 

 

 

 

特に今の時期は寒くなり、乾燥が進むことで、

角質がポロポロとはがれてしまい

肌内部の水分が蒸発しやすくなり

外部刺激にも弱い状態に・・・。

肌触りが悪くなるだけではなく、

肌は様々な外部刺激を受け、トラブル肌になります。

 

 

 

他にも乾燥だけでなく

外部刺激、

たとえばこの時期でいえば

・熱いお湯で洗顔

・マスクで摩擦

・日常の過剰な洗顔

・水分不足(飲む量が少ない)

すると肌のターンオーバーは乱れ

未熟な細胞が角質に

すかすか状態になってしまい

内部から水分は逃げてしまいます。

外部からは簡単に刺激が入ってきてしまい

粉ふきだけでなく

他の肌トラブルに発展してしまいます(+_+)

 

 

 

粉ふきとは

角質をくっつけるものがなくなり

1つ1つの角質がはがれて

角質が皮膚から切り離され、

死んでしまったものが白い粉がふいているようにみえます。

 

 

 

粉ふきは気になりとってしまいがちですが

吹き出物と一緒で

皮膚が荒れている状態になので

触ることで悪化してしまいますので注意です!!

 

 

 

では保湿をしっかり!!
 
しかし保湿を強化しても、粉ふきが改善されない。。
 
 
 
 
 
あるあるですね(>_<)
 

ただ、保湿をいくら頑張っても

次の日には粉がふいてしまう。

 

 

 

その方法は間違っている。

だから改善されません。

お肌の中の水分が足りないので

表面からいくら保湿だけしても変わりません。

 

 

まずはしっかりと

ターンオーバーを整えることが大事。

そのためには

・洗顔法の見直し

・水分の補給

・生活習慣の見直し

など身体を整えることからすると

お肌は喜びます。

お肌は身体を映し出す鏡です!

 

美容鍼灸は

お肌の表面だけでなく

お身体を整えることにより

結果を出していきます♪(*^_^*)

美容鍼灸について

 

 

0924078983

LINEからもご予約大歓迎!ただいま初回クーポン発行中♪

友だち追加数

 
Pocket

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

和田紋子

3児の母でありながらも骨盤や姿勢を改善させ、くびれはもちろんのこと フェイスラインもシャープにできるセラピスト。 自身の離婚、子供の障害、病気、虐待、うつ、薬漬けの日々を抜け出した経験から”笑顔”の大切さを実感。 ママたちの笑顔で子供も救われる。幸せになる。 ママたちの諦めていた”女”を取り戻してもらう事を使命に ママたちの素敵な笑顔を創り出し、その家族も幸せに導いていく施術、カウンセリングを提供している。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line