ドライアイに効くツボ

◆ドライアイに効くツボ◆

今年の冬は例年より寒くなるそうですね・・・((+_+))

この時期気になるのが乾燥ですが、今日は「ドライアイ」について

お伝えしたいと思います~。

「ドライアイ」の画像検索結果

そもそも「ドライアイ」とは??

涙の分泌量が減る、量は十分でも涙の質が低下することによって、

目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。

近年、パソコンやテレビゲ-ムなど、眼を酷使する機会が増え、

ドライアイの人が増えています。パソコン作業をしている人の

3人に1人はドライアイと言われています。

ドライアイの初期の頃は、はっきりした症状はなく、

眼が重い、疲れる、熱い、ゴロゴロする、かすむ、

乾いた感じがするなどの不快感があります。

長時間、眼を使った後に症状がひどくなり、

充血したり、 眼の奥が痛くなったりすることがあります。

これらの症状は涙の減少によって起きてきており、

いかに目にとって涙が大切であるかが分かると思います。


そこで疲れ目や涙の分泌を促し、目の周りの筋肉の血行を良くする

ツボをご紹介します。

「ドライアイ ツボ」の画像検索結果

「攅竹」
眉毛の生え始めのところには攅竹(さんちく)というツボがあります。
このツボは老眼、近視、眼病などに効果的です。

「魚腰」

眉毛の真ん中あたりには魚腰(ぎょよう)というツボがあります。
このツボは親指で押し上げるように刺激しましょう。
あまり強く推し過ぎると逆効果になるので、ちょうど気持ちいいぐらいの力で押すようにして下さい。
このツボは乱視や白内障にも効きます。

「太陽」

こめかみには太陽というツボがあります。
口を開けた時にへこむ所を親指で数秒間、10回押します。
血行の促進と目の機能向上に効果があります。

「晴明」

眼頭にある「晴明(せいめい)」のツボを、親指と人差し指でつまむように押すと、

目の周りの血流がよくなり、眼精疲労や充血、ドライアイが解消されます。

「承泣」

目のくぼみの淵で、瞳の真下のラインにあります。

承泣(しょうきゅう)を刺激する事で目の周りの血行が良くなるので、

目の周りに張りが戻り目の周りの小シワの改善や目のしたのクマやたるみにも効果

が有ると言われています。

 

ツボ押しを活用して疲れ目・ドライアイ対策をしてあげましょう( ◠‿◠ ) 

0924078983

LINEからもご予約大歓迎!ただいま初回クーポン発行中♪

友だち追加数

 
Pocket

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

高比良麻衣子

福岡市早良区生まれ。 30歳の時に発症した難病『網膜色素変性症』という目の病気をきっかけに鍼灸マッサージ師の道を志す。 資格取得後、様々な治療院研修やセミナーに参加をするも、確信を得るものに出会えずにいたが『表面的・一時的ではない、身体の健康から生まれる美しさ』を再現出来る上田式美容鍼灸®に出会う。一度で大きな治療効果、美容効果があることに驚き、また顔だけではなく全身の状態を診て体の調子を整えていく在り方に共感し、認定美容鍼灸師となり現在に至る。美容の悩みだけでなく、自身も悩まされていた眼精疲労や頭痛といったVDT症候群、アトピーに悩む患者を多く担当。そのすべての患者を笑顔に導く治療に力を入れている。