姿勢でかわるたるみ。寝相でもたるみの原因をつくってしまうのです。

div>

悩ましいたるみ

たるみの原因には

コラーゲンの減少

弾力の低下

表情筋の衰え

などがあります。

 

 

何をしても改善しない

それはたるみを作ってしまう

何か癖があるのかもしれません。

 

 

 

寝返りもせず

同じ向きで寝ていたりしていませんか。

 

 

 

実は横を向いて寝ると

上をむいて寝るよりもたるみやすくなります。。。(ーー゛)

 

横向きで寝ると

下側にしている側にその重さ分がかかってきます

皮膚がひっぱられるようにたるみの原因に。

さらには骨格も歪むことからもたるみがおこり

お顔の左右差にもつながります。

 

 

 

他にも食事のときに片側だけで噛んでいたり

テレビを観る方向。家事をする方向など

同じ方向に体を傾けたり、

いつも片方の肩にカバンを持ったり、

片足に体重をかけてたったりなど

左右のどちらかにいつも力をかけていることがあります。

すると骨格をゆがめる原因に。

骨格がゆがむとそれに伴って皮膚にもゆがみが生じたるみの原因になります。

 

 

 

寝るときは上向きで

朝になると横向きになっていることがあると思います。

 

 

実は、睡眠中の寝返りはとても大事なんです!

寝返りを打つことで、筋肉と骨格のバランスが自然にとれ、

疲労回復、ストレス解消にもつながるのです。

 

 

 

注意してもらいたいのは

同じ姿勢でいること

同じ姿勢はどこかしら負担を背負っているところがあります。

そしてその負担は結果

衰えた形に出てきてしまうのです(ーー゛)

 

 

 

日ごろの癖を気をつけることって意外と大事なんですね=^_^=

 

0924078983

LINEからもご予約大歓迎!ただいま初回クーポン発行中♪

友だち追加数

 
Pocket

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

和田紋子

3児の母でありながらも骨盤や姿勢を改善させ、くびれはもちろんのこと フェイスラインもシャープにできるセラピスト。 自身の離婚、子供の障害、病気、虐待、うつ、薬漬けの日々を抜け出した経験から”笑顔”の大切さを実感。 ママたちの笑顔で子供も救われる。幸せになる。 ママたちの諦めていた”女”を取り戻してもらう事を使命に ママたちの素敵な笑顔を創り出し、その家族も幸せに導いていく施術、カウンセリングを提供している。