本当に効く化粧品はどれなのか~化粧品と医薬部外品と医薬品の違い~

私たちが普段使っているシャンプーや化粧水・歯磨き粉などの日用品は、医薬品・医薬部外品・化粧品に分類され、薬事法により効果・効能が明確にされています。

医薬品とは

医薬品とは病気の治療を目的とした薬のことで、厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたものです。医師が処方するものもあれば、ドラックストアなどで購入することができるものもあります。ワセリンなどがスキンケアに用いられる医薬品になります。

医薬部外品とは

医薬部外品とは厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。治療というよりは防止・衛生を目的に作られています。肌荒れ・ニキビ予防,日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ、皮膚の殺菌など、効果のある有効成分が配合されているのでその効果を訴求できます。また薬用=医薬部外品となります。

化粧品とは

化粧品とは医薬部外品と比較して更に効果・効能が緩和で、清潔・美化する。健やかに保つなどの目的で使用される製品です。医薬部外品に認められている肌荒れ、にきびを防ぐ、皮膚の殺菌、などの効果・効能は認可されていないので、パッケージなどで表現することはできません。

医薬品・医薬部外品は必ず名前の記載がありますので、購入の際は表示を参考にし目的に合ったものを選ぶといいと思います。効果の高さ順としては、医薬品>医薬部外品>化粧品の順番になります。効果があるということは、同時に副反応(副作用)もあるということです。そうなると医薬品に比べ化粧品の方が副反応(副作用)が少なく、安心して使っていただけます。分かりやすく言うと、【効果も副作用もある】医薬品・医薬部外品と【副作用は少ないが効果もない】化粧品の二つに分けられます。こうなってくると、結局どれも選べないとなってしまいます。ですから色々な化粧品会社のサイトを見比べて成分や効果効能きちんと理解した上で自分に合う物を使うようにしてください。医薬品と書かれているから良い、美白になると書かれているから治る、そんな単純なものではありません。

お肌の悩みに合わせて選ぶことも重要です。ハリを出したいならハリに効果があるコラーゲンやレチノール、ビタミンcが成分に入っているもの、たるみやしわが気になるという方は保湿成分のあるセラミドやヒアルロン酸が含まれているものがいいでしょう。乾燥からくるたるみやしわもありますのでしっかり保湿することがお肌には重要になります。

~何がいいか結局分からない~ ときはお気軽にご相談ください。施術を含めしっかりご説明致します。

Pocket

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

鳥飼 萌花

美容という表面的な悩みだけでなく、その患者が抱える心理的背景や生活環境、身体の不調を読み解く観察力と患者の悩みを解消しキレイになるサポートするために認定美容鍼灸師となる。美容領域だけでなく、多くの女性が抱える重度の生理痛や肩こり、むくみも治すことができる鍼灸師として日々診療にあたっている。