肌に優しい無添加化粧品の真実 

ドラッグストアに並ぶ基礎化粧品
添加物が良くないという流行もあり、基礎化粧品を選ぶ基準のひとつに”無添加”というのが加わっています。これを見ている方も「無添加だから肌に良い」という理由で基礎化粧品を買ったことがあるのではないでしょうか

しかし、ここまで無添加化粧品が多いにも関わらず、スキントラブルで悩む女性が減少傾向にはならず、むしろスキントラブルは年々層化傾向にあります。果たして本当に無添加化粧品は肌に良いのでしょうか?

無添加化粧品に厳密なルールはない

そもそも無添加化粧品とはどういう存在なのでしょうか。実はこの無添加化粧品を名乗る為のルールや決まりは特にありません。

無添加と表記するのに必要なことは101種類ある、体質によってアレルギーが現れる可能性が高い「旧表示指定成分」が1種類でも入っていなければ無添加化粧品と名乗ることが可能になります。

この旧表示指定成分はそのリスクから配合されることが少なく、今ではほとんど配合されていません。つまり今現在流通している基礎化粧品は、その多くが”無添加”を名乗ることができるのです。

化粧品基準に含まれていないものを含まなければ〇〇フリー

また、防腐剤フリーなどの記載に関しても注意が必要です。
防腐剤フリーと記載するには”化粧品基準”に記載されている防腐剤さえ配合しなければ名乗ることができます。

しかし、基礎化粧品は原則「未開封で3年は腐ってはいけない」というルールがあります。3年の品質保持が不可能であれば消費期限の記載が必要です。

つまり、何らかの防腐処置をしなければ販売できないわけですが、防腐剤を配合しなければいけません。しかし、防腐剤フリーと記載したいメーカー側は”化粧品基準”に含まれていない成分を配合して防腐剤フリーを実現しているのです。

ただ、問題はこの”化粧品基準”に含まれていない成分は基本的に肌への刺激性が強く、何らかの肌トラブルが現れやすいのもまた事実。特に精油や殺菌剤を防腐剤の代用として配合している場合もありますが、この二つは特に肌への刺激が強いとされています。

天然成分が肌に良いとは限らない

精油は天然成分のイメージが先行し、肌に安全というイメージもありますが、スクワランオイルやホホバオイルといったキャリアオイルと異なり、精油(エッセンシャルオイル)は肌には付けてはいけないのが原則です。

よく、天然成分は自然なものだから肌に良いというイメージをもつ女性や、当院を利用される患者さんにも多く見受けられます。しかし、天然成分も構成しているのは化学物質。そして化学物質も原料は天然成分です。

我々の身体もこの世に存在する何もかも、化学物質を含まないものは存在しません。

無添加という言葉に流されないように

肌に合う基礎化粧品は人それぞれ異なります。場合によっては基礎化粧品を使わない方が良い場合もあります。無添加という言葉はすべての人にとって安全という意味ではありません。

当院は肌の内面と筋肉、皮下組織にアプローチすることでアンチエイジングや改善を叶える美容鍼灸の専門院ですが、肌の改善には肌のケアももちろん必要です。

肌質、肌トラブルに合うスキンケア方法もご提案させて頂きますので、ますは特別価格の初回体験をご利用ください。

 

LINEからもお問合せ大歓迎!ただいま初回クーポン発行中♪

友だち追加数

 
Pocket

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

井上 公佑

通称 美容鍼灸王子® 終末期医療や高齢者医療の現場で鍼灸師として活躍。年間2,500件以上の施術を担当。その過程で、仮面様顔貌など容姿が変化する難病の患者を救いたい思いから、日本における美容鍼灸のパイオニアである上田隆勇氏に師事。女性だけでなく、難病患者も美容鍼で改善に導く治療院を運営。その後の活動が評価され、最年少にて初代上田式美容鍼灸®認定講師の1人として任命を受ける。 現在は施術の傍ら専門家への美容鍼灸の指導活動や、一般向けの講演活動を行い正しい美容医療の普及活動も精力的に行っている。メディア取材実績多数。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line