水で顔も身体も変えることができます

皆さんは一日の生活の中で何を飲む事が多いですか?お茶、コーヒー、ジュース、お酒、人によって飲んでいる飲み物は違うと思いますが、その中で『お水』は一日にどのくらい飲んでいますか?全く飲んでいないという方も少なくはないと思います。私も昔は水を飲むことが全くなかった人間です。緑茶とジュース基本それしか飲んでいませんでした。

身体にとって大事な水

水分は一日で私たちの体から汗や尿として1.3ℓは排出されていきます。1.3ℓも排出されていくのにその分の水を摂取していないと、本来排出されるはずだった水分を身体は再利用しようとします。捨てるはずだった水を使うのは、やはり汚い感じがしますね。また身体の中で一番水分量が多いのは筋肉になるので、身体から水分が足りなくなった時、筋肉からも水分は奪われていきます。

顔の筋肉、表情筋はその数こそ多いものの、非常に薄く小さい筋肉が集合しています。顔が乾燥しやすいのは真皮層や表皮の薄さが原因ではありますが、身体よりも乾燥を感じやすいのは筋肉も関係しているとも考えられています。

私たちの身体は体重の65%が水分で構成されていて、この水の働きで、栄養素や代謝の運搬、体温の調節などが行われ、生命の機能が保たれています。健康を維持するためにも毎日の水分補給をする必要があるのほこのためです。

身体が疲れやすかったり、お顔や唇の乾燥が気になる・・・というかたはもしかすると水分不足が原因かもしれません。きちんと水を飲む習慣をつけるだけで、かなり改善してくるので今飲んでいるお茶やジュースをお水に変えてみてはいかがですか?

お水がどうしても苦手という方は、ノンカフェインの飲み物にしてみてください。緑茶やコーヒーにはカフェインが入っていて、カフェインには利尿作用があるため、摂取した分だけ出てしまいます。ノンカフェインの飲み物ですと麦茶やルイボスティーなど色々あるので飲みやすいですね。

お水をこれから飲もう!と思っている方に効率的な摂取の仕方をお伝えいたします。

水分補給の方法として、一気にたくさん飲むのではなく、こまめに補給してあげてください。よくあるのが食事中に沢山水を飲むことです。食事中に大量の水を飲むと胃酸が薄まってしまい、消化不良の原因になってしまいますので、朝起きた時、歩いた後、入浴後、就寝前など一日の中で配分して1.3ℓ~1.5ℓを飲むように心掛けるとすごくいいですよ。

また飲む日と飲まない日など極端に差があると、体に負担がかかってしまう事もあるので注意してくださいね。

 

 

 

Pocket

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

鳥飼 萌花

美容という表面的な悩みだけでなく、その患者が抱える心理的背景や生活環境、身体の不調を読み解く観察力と患者の悩みを解消しキレイになるサポートするために認定美容鍼灸師となる。美容領域だけでなく、多くの女性が抱える重度の生理痛や肩こり、むくみも治すことができる鍼灸師として日々診療にあたっている。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line