胃腸に優しい生活で肌荒れ改善

便秘になったら肌が荒れてしまった経験など一度はあるでしょうか?

今では知っている方も多いかもしれませんが、胃腸の不調は肌にすごく現れやすいんです。肌荒れだけでなく胃腸の不調で引き起こされる症状は風邪や肩こり・イライラなど様々です。症状が当てはまった方は知らない内に胃腸が弱っていってるかも・・・悪化する前に胃腸を元気にして奇麗で健康な自分を手に入れましょう。

 

胃腸

胃の役割は主に蠕動運動(ぜんどう運動)と攪拌運動(かくはん運動)により食物を混ぜることと胃液と消化酵素を分泌して食物を消化することです。

そして消化された食物は腸に送られていきます、腸は消化吸収機能の他に色んな菌から身体を守る為の免疫機能の役割を果たしています。人の腸内には約100兆個の腸内細菌が存在していると言われており、その腸内細菌が免疫機能の発達・向上に影響しているというわけです。

腸内細菌は、多い順に日和見菌・善玉菌・悪玉菌の3種類があります。正常な腸内環境であれば善玉菌が悪玉菌よりも優勢なのですが、何らかの影響で悪玉菌が増えてしまうと、悪玉菌が優勢となってしまいます。悪玉菌が増える=腸内環境が悪化している証です。悪玉菌が多くなると老廃物が腸内にどんどん溜まっていきます。

 

胃腸機能低下による症状

胃腸機能の低下で蠕動運動が起こりにくくなってしまう為便秘下痢になり、便秘で老廃物が溜まることでガスが発生し下腹部の張りおならが出てきます。

腸内に老廃物がとどまる期間が長いと、悪玉菌が生み出す有害物質が身体に吸収され、血流によって身体中に運ばれてしまい、老廃物が肌の角質や皮脂と結びつき、肌荒れ吹き出物となり現れてきます。

腸内にガスがたまることにより胃もたれなどの不快感がおきストレスとなって自律神経が乱れて色々な身体の不調として現れてきます。

悪化を防いで!

腸内環境の悪化を招く主な原因は食生活です。私たちは毎日何かしらを口にしていて、その食べたものは必ず胃腸を通ります。悪玉菌は脂肪分をエサに増殖するので、ファーストフードや添加物・保存料だらけの食事をしていると、どんどん腸内は汚れていきます。

またストレスを感じることで善玉菌が減ってしまい悪玉菌が増えやすい環境を作ってしまいます。

胃を守る

濃度の高いアルコールやコーヒーを多量摂取してしまうと胃の粘膜を直撃して荒れてしまいます。煙草も胃粘膜の血流を下げ胃酸の分泌を促進させてしまします。胃の荒れを防止するためには規則正しい食事が基本です、長時間胃を空っぽにするとは胃が荒れる原因にもなるので1日3食決まった時間にたべるように心がけましょう。また十分な睡眠も必要です。神経をあまり使わないようにし、精神の安静を心掛けましょう。

腸を守る

腸も食事だけでなくストレスや冷え睡眠不足も関係してくるため、身体を適度に動かしたり、しっかりと湯船につかるなどして身体を芯から温めましょう。睡眠不足や働きすぎは自律神経が乱れて腸に影響を与えてしまいますのでしっかり休息を取る日も作るよう心掛けてみてください。

あなたの生活習慣や食生活を少し意識して変えてみるだけで、胃腸がどんどん元気になり身体の不調や肌の不調が改善されていき、免疫力アップにより病気に負けない強い身体づくりができます。

胃腸をいたわり健康で奇麗を目指してはみませんか?

 

Pocket

記事が参考になったらシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

鳥飼 萌花

美容という表面的な悩みだけでなく、その患者が抱える心理的背景や生活環境、身体の不調を読み解く観察力と患者の悩みを解消しキレイになるサポートするために認定美容鍼灸師となる。美容領域だけでなく、多くの女性が抱える重度の生理痛や肩こり、むくみも治すことができる鍼灸師として日々診療にあたっている。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line