スタッフ紹介

サロン代表
井上 公佑 kosuke inoue

サロン代表 井上 公佑 kosuke inoue

美容鍼灸王子®
福岡美容鍼灸サロンCanna 院長
JFACe公認 上田式美容鍼灸®認定講師
JFACe公認 アキュレッチ®認定講師
㈶日本美容鍼灸マッサージ協会 九州支部長
㈶日本美容鍼灸マッサージ協会 上級認定美容鍼灸師
㈶日本美容鍼灸マッサージ協会 アキュレッチマスター
純金美容道 免許皆伝
phitenビューティーアドバイザー

井上公佑のプロフィール

大分県別府市出身。二児の父。通称美容鍼灸王子®
民間療法、西式健康法、断食道場を生業とする両親のもとに生まれ、幼少期から医学や身体のことに興味をもつ。栄養学や食事療法、特に気功に興味を抱き中学生から中国武術、太極拳の錬武に励む。また、栄養学や人体のことをもっと深く学びたいと考え薬剤師、看護師を目指し学生時代を過ごす。

同時期に行っていた日本赤十字社のボランティア活動で高齢者医療や介護の現場を体験。その現場で、痛みや痺れに苦しむ患者を薬ではなく鍼灸のみで改善させていたことに衝撃を受ける。中国武術の師からの勧めもあり、高校を卒業と同時に東洋医学のエキスパート、鍼灸師を志す。

鍼灸師の免許取得後は医師と連携して、高齢者医療、終末期医療の現場に従事。福岡県内や佐賀県を往診で回る日々を送り、若干22歳で鍼灸院の院長に就任。脳梗塞後遺症やパーキンソン病などの難病症例を多く経験し、年間2,500件以上の施術を行う。多くの看取りも経験。

ただ、保険診療内でできることの壁や、西洋医学の治療方針に限界を感じ始める。自身のやりたかった治療、地域医療は本当にこの形だったのかという想いから24歳で独立。地域に根ざした統合医療を目指す。そんな中、難病による容姿の問題で外出を控える患者と出会う。自身の知識、技術では対応しきれなかったことに悔しさ、未熟さを感じ、同時期に知り得た(財)日本美容鍼灸マッサージ協会理事、上田隆勇氏にいちから技術、心得を学び直す為、師事。

同協会で習得した技術、上田式美容鍼灸®を難病患者に施したところ、容姿の問題が改善されただけではなく、体調の改善までもがみられ、外出頻度が著しく向上。上田式美容鍼灸®の再現性や施術効果の高さに改めて感銘を受ける。

以後もシワやたるみ等、お顔の症状に悩む多くの女性や、難病に苦しむ患者を中心に施術を行い、地域の医師とも連携しつつ、地域医療に貢献。幼少期より学んでいた、食事療法や民間療法も交え、鍼灸を中心とした地域統合医療を目標に施術に励む。安全に受けられる美容鍼灸、適切な食事やライフスタイルなどへのアドバイスが口コミを呼び、遠くはオーストラリア等海外、県外からも施術を受けに来る患者も多い。

その活動実績が評価され、同協会代表理事 上田隆勇氏より九州地区の支部長に任命。各地の美容鍼灸師への技術指導も任せられる。また、世界初となる㈶日本美容鍼灸マッサージ協会 初代認定講師にも抜擢。現在は施術の傍ら、専門学校での講演活動、後進の専門家育成・指導、地域での健康講座や講演活動にもあたっている。その指導範囲は鍼灸師だけにとどまらず、歯科医師やエステティシャン等にも安全で効果の高い徒手療法を指導するまでにも成長。

安全性や施術効果の高さを提供する反響から雑誌特集、テレビ出演も多く重ね、自他ともに認める九州No1の美容鍼灸師として日々診療にあたっている。

 

井上公佑からのメッセージ

「美容鍼灸師が贈る あなたの10年前が甦る素敵な体験」
「最近なんか老けた気がする…そういえば疲れもとれにくい…」

そんな方にお勧めしたいのが上田式美容鍼灸®です。
上田式美容鍼灸®では、化粧品が届かない真皮層や筋肉層までダイレクトに働きかけ、コラーゲンの活性化を促します。また、同時にお身体の不調や自律神経を整えることで「調子の良い状態」を維持していきます。

高級化粧品を使っているけどいまいち効果がなくなってきたと感じるのは身体に問題があるからかもしれません。なぜなら、あなたのクマの悩みや、ニキビの悩み、ほうれい線などのタルミ、実は体の不調が原因で、お顔だけの手入れだけでは改善しないことが非常に多いからです。

お顔も、心も体も同時に治療することで、あなたの10年前が甦ります。もちろん見た目だけではなく、身体の調子も整えていくことで気持ちの面でも若返りを感じられる方が多くいらっしゃいます。

お肌に自信がつけば、笑顔が増える。
笑顔が増えれば周囲が変わる。
容姿が変わる、家族がHappyになる。
そして日本が元気になります。

他では受けられない特別な美容鍼灸をぜひご体感ください。

 

和田 紋子 ayako wada

和田 紋子 ayako wada

JFACeアキュレッチ®マスター
美容整体師
エステテシャン
小顔マイスター
ビューティーアドバイザー

和田紋子のプロフィール

神奈川県川崎市出身。3児の母もこなす母性溢れるセラピスト。
10歳までを神奈川県で過ごし、福岡に移住。もともと病弱な身体であったのが影響し、博多弁や新しい生活に馴染めず不登校となるも持ち前の根性で学生時代を乗り越える。当時人気を博していた安室奈美恵に憧れ、メイクやネイルを独自に習得。友人にメイクを施すなど、美容力を発揮する学生時代を過ごす。高校を卒業と同時に美容の専門家、エステティシャンの道へと進む。

若くして多くの施術を担当、さらに技術を磨き、指名No.1のエステティシャンへと成長。しかし、エステ業界の負の一面、理想と現実のギャップに苛まれ、エステの道を諦め 20歳で結婚。専業主婦となる。2人の子宝にも恵まれるもシングルマザーに転身。朝から晩まで働きながらも、育児は絶対に手を抜かないことを信条に華の20代を駆け抜ける。

そんな折、運命の出会いを感じ、再婚。3人目の命を授かる。しかし、家庭の事情で再婚後も大黒柱を担い、仕事と育児に奔走。過労がたたり、入退院を繰り返す日々を送るも、それでも育児と仕事には手を抜かない信条は貫き通す。

しかし、30代となり、ふと人生の孤独感を感じ精神的に追い込まれる。また、過労も限界を迎え遂に仕事を休業。当時、持病やニキビ、蕁麻疹、貧血、胃痛、腰痛、頭痛、神経痛を薬でごまかしながら生きてきた為、誰に会っても心配されるような状態であった。


医師からも長期入院を勧められ、心が折れそうになった折り、知人の紹介でサロン代表井上と出会い生まれて初めて美容鍼灸を受ける。脈を診るだけで身体の不調を指摘され、身体に鍼をすると身体が軽くなる。今まで、薬漬けの生活を送り、西洋医学の治療しかしてこなかった為、東洋医学、鍼灸治療はまさに未知の体験であった。

なにより、くすみやシワ、たるみを一度で消した美容鍼灸というものに、エステ以上に心を惹かれた。身体と顔、心を同時に診る上田式美容鍼灸®、医学知識、東洋医学に基づいたフェイシャルケアなどを学びたく、弟子入り。

一度は諦めた美容の道へと復帰を果たす。その後は、西洋医学、東洋医学に基づいた美容知識や、解剖学、生理学をいちから学びなおし、美容だけでない、身体も診る美容整体師として活躍。また、小顔になる技術だけでなく、自身の女性として、母としての経験談を交えながらのカウンセリングも好評を呼び人気を博していく。

女性を美しくする過程で、身体の内面と外面の関わりを強く感じ、美容への1番の近道は「心の笑顔」であると確信を持つ。「美の形は人それぞれ違い、心の笑顔なしでは本当の美につながらない」を新たな信条に、福岡の地で3児の育児をしながらも、多くの女性の美をサポートする活動に励む。

 

小川 倫枝子 rieko ogawa

小川 倫枝子 rieko ogawa

JFACe 認定美容鍼灸師
AEA上級認定エステテシャン
推拿療法士
ジュニア野菜ソムリエ
ビューティーアドバイザー

小川倫枝子のプロフィール

山口県下関市出身。
デパートの美容部員に憧れ、高校卒業後美容の専門学校へ進む。そこで女性を美しく輝かせることに一層の喜びを感じ、メイクに加えエステティックの技術を学ぶために、エスティシャンの道へ。卒業後、エステサロンに勤務。24歳で本店の店長を任され、28歳でエリアのマネージャーを務める。

カウンセラーとして数千人以上のクライエントと接し、多くの女性を美しく輝かせることに自信と誇りをもっていたが、時折、エステティックの考え方だけでは結果を出せない方や、病気ではないが体調が優れない方、表面的なケアでは解決できない肌トラブルなど、エステティックの限界も同時に感じはじめる。


また、同時期に忙しさやストレスから体調を崩すことも多く、腰痛、坐骨神経痛、生理痛、膀胱炎、月経前症候群、長引く空咳など、無理をしていた代償が現れ始める。好調な日が数えるほどしかない状態で、美しさを提供する自身がこのような状態で、本当の意味で美しさを提供できるのかという疑念も生まれる。


そんな時、東洋医学をエステティックに応用する先生と出会い、今までの疑念が晴れる糸口をつかむ。独学で勉強、実践し、自分自身の体調不良も薬に頼らずで東洋医学的なアプローチで徐々に改善。エステとは違う、東洋医学の神秘に魅力を感じ、東洋医学を極めるために、医療系国家資格であり東洋医学の専門家である鍼灸師の免許取得を心に決める。だが、当時の自分を信頼してくれるクライエントを見捨てることもできず、エステサロンの管理をしながら夜間で鍼灸専門学校に通学する挑戦を決意。

今まで以上に多忙な日々を迎えることになるも、本当の美しさを追求する決意と、公私ともに支えてくれていたパートナーの協力もあり無事国家試験を乗り切る。献身的に支えてくれたパートナーとは在学中に結婚。鍼灸専門学校を卒業と同時に10年以上勤めたエステサロンを退社。念願の鍼灸師となる。

しかし、独自の理論で美容と鍼灸の融合を試みるもなかなか思うようにいかず、挫折に苦しむ。より知識を深めるために様々な勉強会に参加するも、納得のいく結果は残せず苦悩な日々が続く。そんな折、福岡美容鍼灸サロンCanna院長の井上が講師を務める講演会で、東洋医学的な身体の治療と、理論的な顔の施術を行うハリウッドスタイル上田式美容鍼灸に出会う。

身体の根本的な治療と、お顔の悩みに対してのアプローチで、施術をうけた全ての方が感動し感謝されているのを見て、私がやりたかった理想との合致を感じ弟子入り。1ヶ月以上にわたる研修と特訓を受け、㈶日本美容鍼灸マッサージ協会公認 認定美容鍼灸師の資格を取得。現在に至る。


 

高比良 麻衣子 maiko takahira

高比良 麻衣子 maiko takahira

JFACe 認定美容鍼灸師
ビューティーアドバイザー

高比良麻衣子のプロフィール

福岡市早良区生まれ。
30歳の時に発症した『網膜色素変性症』という目の病気をきっかけに鍼灸マッサージ師の道を志す。
遺伝子の異常が原因で起こる進行性疾患で、夜盲や視野狭窄、羞明といった症状が現れる。失明の可能性もある難治性特定疾患のひとつである。

鍼灸マッサージ師となる以前は、デザイン会社や受付、放送局や銀行の事務職など様々な職を経験。クリエイティブな仕事において制限されることの難しさや、苦情対応担当部署において人の心と向き合うこと、話を聞くことの大切さを学ぶ。

難病発症という事情もありはしたものの、元来健康や医学への関心が高かった面や高いコミュニケーション能力もあり、外来臨床実習では100名以上の患者を担当。20代~80代まで男女問わず様々な体の不調を抱える人々と関わる。その中で、“病気ではないがなんとなく体の調子が良くない”といった“未病”に鍼灸が大きな改善効果を発揮することを体験する。中でも、経絡治療という日本古来の鍼治療の効果に感銘を受け、この道の学びを極めたい思いが強くなる。

資格取得後、様々な治療院研修やセミナーに参加をするも、確信を得るものに出会えずにいたが『表面的・一時的ではない、身体の健康から生まれる美しさ』を再現出来る上田式美容鍼灸®を知る。そして、認定講師による施術を受け、一度で大きな治療効果、美容効果があることに驚き、また顔だけではなく全身の状態を診て体の調子を整えていく在り方に共感し、認定美容鍼灸師となり現在に至る。


現在は美容の悩みだけでなく、自身も悩まされていた眼精疲労や頭痛といったVDT症候群、アトピーに悩む患者を多く担当。そのすべての患者を笑顔に導く治療に力を入れている。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line