ニキビ、ニキビ跡について

― ハリウッドスタイル上田式美容鍼灸® ―

九州唯一の認定サロン、認定講師が在籍する美容鍼灸専門サロン。

「最初怖かったけど、こんなにハリがでてくるならもっと早くやっておけばよかった!」
「久しぶりにあった友だちに、綺麗になったねって言われて泣きそうだった」
「顔だけじゃなく、体の治療もついてこの値段。美容鍼で、顔も体も一緒に見てもらえるのがうれしい」
「毎日できていたニキビができなくなった。毎日鏡を見るのが嬉しくなった。自分に自信が持てるようにりました」
「肌がプルプル、スッキリ。凸凹が気にならなくなってきて毎日の洗顔が楽しくなってきました」
などハリウッドスタイル上田式美容鍼®の体験者様から喜びの声を頂いております。


多くの日本人が悩む症状‘ニキビ‘

実は院長の私もニキビに悩んでいたわけです


私も典型的なニキビに悩む一人でした。なので当サロンはニキビ改善にも非常に力を注いでいます。
ニキビは若い女性のイメージが強いですが、実際のところ、脂性肌が多い男性のほうがニキビは多い。


特に、髭剃りが肌へのダメージとなるなどニキビができやすい条件は男性の方がそろっているのです。
このHPを見ているあなたと同じように、あの手この手でニキビを治そうと試みた経験は私にもありますが残念ながら当時の私は有効な手段を見つけることができませんでした。


“ニキビに効くという基礎化粧品〇〇“
“ニキビがキレイになるといわれる〇〇美容液”
“ニキビに良いとされるサプリメント”


今では克服しましたが、若い当時はいろいろ試しました。当時はまだ若く、知識も乏しかったため、誇大広告などについのってしまい余計な時間と余計なお金をかけていました。
あなたと当サロンとのご縁が素敵なスキンライフをおくれるきっかけになれば嬉しい限りです。


にきびはどうしておこるのでしょうか?

ニキビといっても種類によって原因が異なるので対策も異なります。

そもそもニキビの原因は?


ニキビは基本的に 毛穴に発生し、その原因は,毛穴のつまりです。なので、基本的には毛穴が開いている状態や、毛深い方というのは構造的に毛穴がつまりやすくなるのでニキビができやすい体質と言えます。


また、余分な皮脂が酸化することでもニキビは作られやすくなりますので、乾燥肌よりも脂性肌の方がニキビになりやすい肌質とも言えます。
なので、結局のところ、毛穴を引き締めて、脂肌を改善させればニキビは治るわけですがその原因が様ざまであるため、容易ではありません。順番に見ていってみましょう。

思春期ニキビ

これは10代によくみられるもので成長に伴うホルモンバランスの乱れから現れます。
ただ、これは病気といった類のものではなく大人へと変革するための成長に伴う症状なので、基本的に放っておけば治るとされています。
ただ、最近ではこの時期に早く治したいという焦る気持ちから、過剰なスキンケアや、刺激性の強い基礎化粧品を用いてしまうことで本来治るはずであったニキビも治らず、なるはずでなかった敏感肌になってしまい、20代を過ぎてもニキビができてしまう場合が増えています。

大人ニキビ

20代以上にみられるもので多くの原因がありますが、多くは生活習慣の乱れやストレスによるもの。
そもそもストレスはすべての症状や病気にとって良いとはされませんが、なぜなのでしょうか?
ニキビに限定して解説してみましょう。

まず大前提として、ストレスは適量であれば身体に有益です。
我々の身体は古より余計なものを排除して進化してきたので多少の負荷をかけてやることは逆に身体を強く保ってくれます。ただ、このストレスを過剰に感じてしまうと、身体は拒絶反応に近い働きを行います。

そのひとつが男性ホルモンの分泌。ストレスを過剰に感じているということは簡単に言うと「追い込まれている」に近い状態になります。そうなると、身体を守るために自律神経の活動を担う交感神経が働きます

この交感神経が働くことで脳内(下垂体)ではノルアドレナリン、内分泌器官である副腎皮質からは男性ホルモンが過剰に分泌され、男性っぽい肌、脂性肌に近くなってしまうのです。

よく、キャリアウーマンやバリバリ働く忙しい女性の方は男性っぽくなるとされますが、あれは都市伝説ではなく医学的にも筋が通っているわけです。
責任ある立場やプレッシャーのかかる役職でいるとどうしてもストレスから逃れることはできません。過剰ストレスによる反応により身体内では男性ホルモンが多く分泌されるので男性っぽい言動、顔つきになってくる可能性があるのです。適度なストレ発散法を考えておくのが大事ですね。

外部環境ニキビ

ストレス以外の生活環境によるニキビがこれにあたります。
多くは紫外線と食事環境。あまりイメージがないですが、紫外線を浴びるとニキビが発生しやすくなります。

紫外線を浴びると、肌は自分を守ろうとして皮膚(角質)を分厚くしようと働きます。このこと自体は防衛反応なので悪いことではないですが、過剰になると肌のターンオーバーが乱れる要因となってきます。肌が分厚くなるということは余計な角質も発生しやすくなる為、毛穴がつまりやすい環境が生まれます。

さらに、つまった毛穴はニキビの原因菌であるアクネ菌の温床となる為、アクネ菌が増殖しますがこれを攻撃する為に白血球も集まりアクネ菌に攻撃を開始するのです。
この攻撃の際に発生するのが活性酸素。これはそもそも肌細胞を老化させるものですが、活性酸素は紫外線を浴びるとさらに増殖しますので、肌細胞ひとつひとつの壁も弱くなり、ニキビの炎症範囲が広がるわけです。
紫外線はシミを防止するためだけではなくニキビを治したい方にとっても大事な要素になります。

また、食事もニキビには影響を与えます。
特に動物性の脂肪や糖質は上記と同じ活性酸素を発生させやすくなるため、ニキビにはよくないとされています。ただし、糖質も脂質も身体を構成する大事な栄養素なので、極端に制限するというのはよくありません。バランスの良い食事を心がけ、普段の生活の中で少し意識するようにしてみましょう。

補足で飲み物にも触れると、カフェインを多く含むコーヒーや紅茶は、肌の新陳代謝を促すビタミンB群の吸収を低下させます。
栄養剤などにもカフェインが多く含まれるだけでなく、糖質や香辛料も多く含まれるためあまりよろしくありません。同じくアルコールも生成の過程上、糖質を多く含むものが多いため、摂りすぎは要注意。ただ、いづれも嗜好品の為、我慢のしすぎはストレスを感じてしまいます。できる範囲内で制限しましょう。

スキンケアニキビ

当サロンに来られる原因で最も多いのがこのスキンケアニキビ。
原因となることはあまりありませんが、上記にあげた理由からできてしまったニキビに悩み、誤ったケアを繰り返すうちに悪化させてしまい取り返しのつかない状態になってしまうパターンがこれにあたります。

~誤った製品選び~

コスメショップやドラッグストアに行くと数えきれない程の基礎化粧品が並んでいます。その中から自分に合った製品を選ぶというのはかなり至難の業です。
例えば、ニキビ用の製品が実はニキビを治すのに向いていないものもあることはご存知でしょうか?しかも製品によっては毎年リニューアルされ、成分も変わる。正直なところ我々消費者からするとついていけない領域です。

店頭でカウンセリングして選んでくれる場合もありますがカウンセラーも人間です。しかもその場の設備と時間だけで最適なものを選ぶというのも中々難しい。

どのメーカーも基本的にはお肌に良いものを作っている“はず”なのですが、残念ながら利益を追求したメーカーや、誇大広告をしているメーカー、製品も多く存在しているのは残念でなりません。
我々がどの製品が本当に良いもので、どれが良くないものなのかを見極めるのは難しいですが、ひとつ気を付けて頂きたいのが界面活性剤。これは簡単に言うと脂と水を混ざりやすくなる為の成分です。基本的に肌にはバリア機能がある為、良いものも悪いものも肌の中には簡単には浸透しません。これを浸透させやすくするのが界面活性剤なわけです。

界面活性剤を用いればコラーゲンやヒアルロン酸といった肌に良いとされている成分を肌に浸透させることは可能になりますが、代償に肌のバリア機能も破壊されます。そして、このバリア機能が壊されるということは皮膚表面の免疫機能も低下する為、ニキビの原因菌であるアクネ菌やブドウ球菌に勝つことができない肌が完成します。肌はキレイになったが、ニキビができやすい環境も同時に完成するというわけです。 これではいつまでたってもニキビができるづける肌になり、終わりがありません。

誤ったスキンケア方法、使い方の誤り

もうひとつが誤ったスキンケア方法です。女性雑誌でも幾度となく特集が組まれるということはそれだけ関心が高く、正しいやり方がわからない方が多いということにもなります。

◎詳しいケア方法はこちらにまとめています。

基本的には肌を優しく労わってあげること。泡立たない洗顔料でゴシゴシしたり、化粧水をバシバシつけるのはもってのほか、論外です。
どうしても力をいれて入念にやったほうが良く効く、早く効く先入観が生まれますがそれは大きな間違いであり、逆に余計に肌に負担をかけてしまいます。製品を変えなくても、正しいケアをするだけでも肌は大きく生まれ変わります。サロンでは施術後に正しいスキンケア方法をご提案し、資料を配布しておりますのでお気軽にスタッフにお尋ねください。

特にニキビに悩んでいる場合、その治したいという焦りや気持ちは当事者にしかわからない深刻さがあります。まさに藁にもすがる気持ちですが、この時に誤った製品や過剰すぎるケアをすると余計に悪化し、負のスパイラルに陥ってしまいます。

どうやって治す?どうやって改善させる?

まず、大前提としてあまりにもニキビの炎症範囲が広い、化膿してしまっている場合などは皮膚科へGoです。
これは代替医療や民間療法の域を超えている場合が多いため、まずは抗生剤で一時的にでも原因菌の数を減らした方が良いからです。ただ、皮膚科に行っても治らなかった場合や何をしても改善しなかった場合は迷わず当サロンへご相談ください。あなたに合った治療方法を探して改善まで導きます。

では、そんな皮膚科ではどんな治療が行われるのでしょうか?

内科的治療

基本的には抗生剤の内服による内科的な治療です。これはニキビの原因菌であるアクネ菌やブドウ球菌の量を減らし、炎症を鎮めるために行われます。同時に、ビタミンB、ビタミンCも同時に摂取しニキビができにくい状態を作ります。

ですが、これには一部問題があり、抗生剤はアクネ菌だけでなく腸内細菌の環境も乱します。短期間であれば問題ありませんが長期の服用となると腸内環境が乱れ、便秘や下痢といった症状につながります。
便秘自体がそもそものニキビの原因となってしまうため、一時的な利用はさておき、治らないからといって長期に服用するのはあまりおススメしません。

外科的処置

基本的には内科的治療がメインですが、現在で来てしまっているニキビには直接的なアプローチが行われる場合もあります。
ザメツと呼ばれる処置は特別な器具でニキビをつぶし、ニキビの膿をだしきる処置です。原則としてニキビはつぶさないほうが良いのですが、清潔な器具や衛生を保てる環境があれば場合により有効になります。
ただし、痛みを伴うという点と、施術者の技術により差がでますので確実な処置というわけでもありません。膿を残してしまえば再発しますし、傷口が大きすぎると瘢痕となり痕が残ります。

他にはピーリング処置。これは液剤などで皮膚の表面を溶かし、古い角質を除去する方法です。基本的にニキビができるということは角質が厚くなっている状態が多いため、ピーリングで角質を薄くする行為はニキビができにくい環境をつくりだすことも可能です。ただし、液剤が肌に合わなかったり、刺激が強すぎて晴れる場合もありますので注意が必要です。また、ピーリング処置後は非常に肌が乾燥します。これが余計なトラブルを招く原因にもなりますので処置後はしっかりと保湿ケアを怠らないように注意が必要です。

Cannaでの治療Style

当サロンでは顔だけのケアだけでなく、ニキビの原因となる身体の治療も同時に行っていきます

顔(ニキビ)の治療

顔面部の施術では美容鍼灸により肌のターンオーバーを促し、ターンオーバー周期の乱れを正常化させていきます。同時にアクネ鍼というニキビ専用の特殊な技術でニキビ自体の治癒も早めます。美容鍼灸の基本効果の顔面部の血流改善の効果もあり、今までよりも早くニキビを治すことが可能になります。

東洋医学では、ニキビは熱(陽)の症状とされ、肝に属するものとされています。なので身体の熱を除去し、陰陽のバランスも整えていきます。ニキビはできる場所によっても関係する原因や感情が異なります。この心理的な原因を探ることでも同時にケアしていきます。

身体(自律神経)の治療

ニキビの原因となる便秘。これの治療が伴わなければニキビの治療とは言えません。
東洋医学的な考え方では、便秘は多くの難病や症状の原因になりますが特にニキビは関係深い症状のひとつです。本来便としてでるはずだった老廃物が身体の中に溜まることで蓄積されます。
ですが、身体は老廃物を追い出そうとして排出しますのでそれがニキビとなって表面に現れてくるわけです。
便秘の改善には便秘薬を飲む方法もありますが、それでは根本的な治療になりません。身体の治療では全身的な鍼灸治療で自律神経とホルモンバランスを整え、便が出やすい環境を造っていきます。
また、便秘の改善には食事環境の見直しも必須になります。一緒に食事習慣を見直して、最適なご提案をさせていただきますのでお任せください。

まとめ

ニキビの原因は?

〇ターンオーバーの乱れ
〇毛穴の開き、つまり
〇過剰な皮脂分泌
〇誤ったスキンケア
〇便秘

どうやってニキビを改善させる?

〇ターンオーバーの正常化
〇肌の水分量を整え、毛穴の引き締め
〇正しいスキンケア
〇便秘の改善
〇自律神経の調節
〇正しい食事療法と知識

なぜニキビの治療に上田式美容鍼が選ばれている?

数ある美容法の中から上田式美容鍼が注目される最も大きな理由は、その即効性にあるといえます。
美容鍼にはこれまでエステや化粧品、または美容機具などでは届かなかった、肌の奥にある筋肉や細胞に直接刺激を与えることができます。それにより組織や細胞が活性化するため、修復作用が素早く働きリンパや血流が促進され、即効性が期待できるのです。

同時に、内側に直接アプローチすることで、ニキビだけでなく、たるみ、シワ、シミといった気になる悩みに対し、根本的原因から改善してくれます。
そのため、たった1回の治療でも「顔がきれいになった」「肌にピンとハリが戻った」と効果を実感される方が多いのです。もちろん、初回でビフォーアフターの変化を感じて頂くことができます。
ただし、たった1回の施術効果が一生続くことはありません。5回程度連続してお手入れすることで、維持感を実感する方がほとんどです。


ニキビへの奥の手! アクネ鍼


上田式美容鍼のニキビ撃退の最大の特徴は『アクネ鍼』
アクネ鍼はニキビに直接アプローチすることで治癒時間を早め、きれいな状態を作り出します。


本当に効果でるの?


心配される気持ちはわかります。
もちろん個人差はありますが、当サロンはおかげさまで高いリピート率を誇っています。多くのゲストの方がリピートしているのがひとつの判断材料になれば幸いです。
特にニキビのお悩みは顔面部と同時にお身体のケアも行う美容鍼灸が最適です。
院長は食事療法にも精通しており、適切な答えを導きだします。お気軽にご相談ください。
原因から改善案までをご提案いたします。


どの程度通えばいいの?

集中して通って頂くのは、一般的に7~10回。その後は2週に1回が理想的です。(月1ペースの方もおられます。)
およそ5回目でリフトアップの維持感を感じ、7~10回目で定着し、元に戻らなくなってきます。1回目で改善を感じて頂くことができますが、たった1回の施術の作用が一生続くということはありません。
まずは5回続けてみることをオススメします。5回続けると、イキイキとして、持続感のあるプルプル、スッキリ、潤いのある肌を実感されるでしょう。お友だちやパートナーからも、何か違う、綺麗になったと気付かれたり、まわりから褒められるのもこの頃が多いです。

この期間中の理想的でベストな通い方は週1回です。(ベターな通い方は10日~2週間に1回。その他、ご自身でマッサージしながら結果を出す月1回ペースの方がおります。)
ベスト(週1回)やベター(月2回)な通い方の場合、1ヶ月半~2ヶ月くらいで維持感を感じてきます。およそ3ヶ月で、フェイスラインがすっきりして、見た目年齢5~10歳若返りを感じる方が多く、この状態は3、4年維持できると言われています。
ただし、その後何もしないと、紫外線のダメージや年齢によるコラーゲン量が低下してしまうので、集中ケア後、2週間に1回、忙しい場合は4週に1回程度のお手入れをしていただくことが理想的です。そうするとこで、見た目年齢マイナス5~10歳が末永くキープできるでしょう。詳しくは、カウンセリング時に丁寧にご説明いたしますのでご安心ください。

どんな人たちが通っているの?

新しいことを始めるのは勇気のいること。
当サロンのゲストの声をご紹介いたします。

どんなことをされるの?

こちらにて基本的な施術内容をご紹介しております。
ご来院を決めるご参考にしていただければ幸いです。

お得な初回限定キャンペーンを実施中です

qupon

まずはお気軽にお問い合わせください

contact

福岡鍼灸サロンカンナ ライン