パーキンソン病の治療

パーキンソン病候群の治療について

身体が動かしにくいから外に出たくない…
関節が硬くて痛みや着衣が大変…
何十年も同じ薬を服薬しているが良くなった気がしない…
周りに説明しても理解してもらえない…
表情がうまく作れないから人に会いたくない…

 

笑顔が増える日々が1日でも増えて、身体が楽になったと言ってもらえるのが我々の願いです。

何処に行っても改善しなかった身体の硬さを忘れていく治療

ある時期を境に身体の硬さや震えを感じて何をするにしてもやる気が出ない、元気が出ない。
検査もした、病院もクリニックも何件も回った。でもよくなる気配がない。
まわりに訴えても理解してもらえない。

ご安心ください。

同じ症状で悩まれていた患者さんも最初は半信半疑で当サロンに来られました。
そして、今では症状がほとんどでなくなった方や徐々に良くなっていき毎日を過ごすことが楽しくなった方は多くおられます。

もちろん、人によって治る時間は異なります。
それでも確実に変わっていく。

そんな不思議な体験が当サロンのパーキンソン病治療です。

パーキンソン病ってどんなもの?

難病、特定疾患のなかでも比較的知名度も高いパーキンソン病ですが、いまだにその症状や原因はあまり知られていないのが多いのが実情です。

10歳代〜80歳代まで幅広く発症しますが、中年以降の発症が多く、高齢になるほど発症率および有病率は増加すると考えられています。

20歳代の発症はまれとは言われますが、症状が軽度なだけで気づかないことが多いのではないかというのが私の見解ではあります。40歳以下で発症した場合を若年性パーキンソン病と呼びますが、症状に大きな差異はありません。

日本における有病率は10万人当たり100〜150人といわれ女性の方がかかりやすい疾患のひとつです。
まずはこのパーキンソン病について知っていきましょう。

パーキンソン病、パーキンソン症候群ってどんな病気?

パーキンソン病は、以前は原因不明の疾患にひとつでしたが、現在では脳内の黒質という部分の神経細胞(メラニン含有神経細胞)が次第に減少し、その神経が働くときに使うドーパミンという物質が減ることによって起こる病気ということがわかっています。

ドーパミンは、脳において、運動を調節したり滑らかに動かす役割を担っているため、ドーパミンが減ることによって、動きが遅くなったり、身体が硬くなり動かしにくい状況が生まれてしまいます。

一部のパーキンソン病は遺伝子が原因で発症すると考えられていますが、その多くは原因不明で、遺伝の可能性は低いものと考えられています。

パーキンソン病を進行性の疾患であり、残念ながらパーキンソン病を完全に治す治療法はまだありませんが、お薬により症状はかなり抑えられ、その進行を大幅に遅らせられることも可能になっています。

しかし、お薬が効きにくい場合や合わないケースもあり、その場合は症状の進行から寝たきりや車いすでの生活を余儀なくされる疾患のひとつでもあります。

お薬と鍼灸との併用は多くの医療機関でも治療行をあげており、鍼灸単独でもパーキンソン病の症状を改善可能にすることも可能な症例もあるほどです。

副作用の少ない鍼灸と症状を抑えるお薬の併用が選ばれやすくなっているのも最近の傾向であります。

パーキンソン病、パーキンソン症候群って違うもの?

パーキンソン病とパーキンソン症候群との違いですが、これはパーキンソン病が先に確立されて、その後そのパーキンソン病と同じような症状の病気や状態が見つかりました。

それらをひっくるめてパーキンソン症候群としたという経緯があります。すなわち、パーキンソン症候群とは1見パーキンソン病と同じように見えるのですが、細かく区別していくと異なる様々な病気、あるいはパーキンソン症状を1部分症状として合併しているさまざまな病気の集まりともいえます。

有名な安静時の振戦、筋固縮、無動の3大主徴、それに進行するとみられるようになる姿勢反射障害も加えて4大主徴があり、これらのうち少なくとも2つが有ればパーキンソン病を疑います。

これに対してパーキンソン症候群には、同じように振戦、筋固縮、無動などのパーキンソン症状を呈しながら他に薬剤の副作用によるもの、脳血管障害のみられるもの、外傷性のもの、一酸化炭素中毒やマンガン中毒によるもの、脳炎後のものなど調べれば明らかに病気の原因が見つかるもの(2次性パーキンソン症候群)とパーキンソン病と同じように病因が未だ不明で神経細胞がどんどん死んで脱落してゆく病気(神経変性疾患)に属するものがあります。

これらのパーキンソン症候群の中でパーキンソン病と同じく神経変性疾患に属するいわば親戚のような病気には幾つかあります。これらは、勿論パーキンソン症状を呈しますが、加えて眼球運動障害、失語や失行などの高次脳障害、痴呆、それに幻覚・妄想といった精神症状を認めやすく、抗パーキンソン病薬も効きにくいことが特徴です。

このことは、パーキンソン病と比べて神経細胞の障害が大脳全般に及んでいるためと考えられています。このためパーキンソン病では薬が良く効き、10年以上たっても働かれている方が大勢おられますが、このような神経変性疾患によるパーキンソン症候群では10年以内に寝たきりになられる方が多いようです。

要するにまずパーキンソン症状が有るかどうかで、もしあって薬が良く効きMRIやCTなどで異常がない場合はパーキンソン病。そして薬が余り効かず、画像検査でも脳の萎縮などの異常が有る場合がパーキンソン症候群ということになりますが、診断のはっきりされてない方は、ぜひ1度神経内科での診察をおススメいたします。

・パーキンソン症状があるが薬が効きやすくMRIやCTでは異常がない = パーキンソン病の可能性大

・パーキンソン症状があるが薬が効きにくくMRIやCTでも異常がある = パーキンソン症候群の可能性大

パーキンソン病、パーキンソン症候群の症状

上記でも触れましたが、有名な安静時の振戦(ふるえ)、筋固縮(かたさ)、無動(おそい)の3大主徴、それに進行するとみられるようになる姿勢反射障害(転倒)も加えて4大主徴が最も特徴的な症状になります。その症状進行は遅いことも特徴であり年単位でゆるやかに進行することが大半です。

パーキンソン病の症状重症度を分類した指標(ヤール重症度分類)も存在し、今がどのような状態なのか、どの程度の症状なのかを把握しておくことも重要になってきます。

※出典:日本メジフィジックス 一般の方向け情報誌より抜粋
URL:http://www.nmp.co.jp/public/pk/index.html

上記4つが運動症状なのに対し、非運動症状と呼ばれる便秘や頻尿などの自律神経の症状、不眠などの睡眠障害、うつ症状などの精神症状、認知機能障害などもみられることがわかっています。うつ症状は患者さんの約半数にその傾向があるといわれ、患者さん自身や家族の方も気づかないことの多い症状です。非運動症状は、患者さんやご家族と治療者との間に、意志の疎通がよくとれていて、はじめて気づかれる症状です。

我々も施術時に受診当時はうつ症状などはないかと思いきや、受診頻度が増えてくると実はそういった症状があるのではないかと思いご家族に聞いてみると「実は…」ということも少なくありません。症状や身体への施術はもちろん大事ですが、心が身体に及ぼす影響というのも決して少なくはありません。

心のバランスも含めて治療するのが東洋医学、鍼灸の醍醐味ではないかと当院では考えています。

パーキンソン病、パーキンソン症候群の治療方法

現代医学的なアプローチは薬物療法とリハビリテーションが主となります。
以前は手術により電極を脳内に挿入し、脳に電気刺激を送る治療法も行われていましたが効果の高いお薬が開発されてからは投薬治療が第一選択肢になっています。

進行性の疾患ゆえに根本的な治療法はいまだ確立されていないのが実情です。基本的には脳内ドーパミン量を補う処方(L-ドパ、ドパミンアゴニスト等)がされます。

また、筋肉の硬直を防ぐ為に血流を良くするお薬も併用されます。リハビリテーションでは関節可動域確保と筋力低下防止、姿勢維持訓練を中心に進められます。

当院では鍼灸での神経系へのアプローチと徒手療法での日常生活動作向上、筋出力増大の施術を中心に行っております。

いまだ根本的な治療法が確立されていないパーキンソン病ですが、鍼灸施術を併用することで症状を大きく軽減させることができる症例も少なくはありません。

頭皮や身体に存在するツボ(経穴)は対応する筋肉や神経が存在します。また、皮膚への鍼刺激は脳内に作用し自律神経系機構の調節、エンドルフィン分泌促進等の効果もあり、身体的にも精神的にも良い影響を与えることが分かっています。

当院では鍼灸だけにこだわらず、病院でも投薬治療、リハビリと併用しての治療を推奨しております。

症状の進行を抑えつつ、鍼灸で現在現れている症状も緩和させていくことができればお薬の量を減らすことも可能です。この方法が最も患者さんにとっても負担の少ない治療法ではないかと考えています。

身体の硬さ、振戦、姿勢反射能力への治療

パーキンソン病、パーキンソン症候群において最も症状が現れやすいのが身体の硬さが強くなることによる様々な問題です。

身体が硬くなるというと一般の方はイメージがつきにくいかもしれませんが、ふと床に落ちているごみを拾おうとしたときにしゃがみますよね。このしゃがむときに膝や股関節が全く曲がらない事をイメージしてみて下さい。このような普段のちょっとした動作も難しくなってしまうのがパーキンソン病の症状である筋固縮の恐ろしいところです。

鍼は筋肉の緊張を緩めることに優れ、鎮痛薬のような副作用もありません。

また、特定の筋肉の出力をあげ、筋肉が本来持っている筋バランスを整えることで生活動作も行いやすい環境を作っていくことも十分可能です。

不定愁訴・自律神経症状への治療

パーキンソン病、パーキンソン症候群は痛み症状以外にも不眠、めまい、うつ症状など自律神経症状が併発してしまうことが多くあります。この不定愁訴の影響で日常生活を送ることができない場合や、不眠→寝なければという切迫感→不安→強張り、痛み→不眠、というような負の連鎖が起こってしまい症状が悪化するケースもあります。

まず、全身の治療で自律神経や身体の傾きを治すことができる「本治」を行っていきます。併せて表面に出てしまっている身体の硬さ、痛みなどの不定愁訴の治療を始めていきます。日常生活動作困難や睡眠不足といった症状を改善させ、笑顔がでる日を1日ずつ増やしておくのがゴール。本来持っている“治す力”を取り戻し、不安感からの解放、日常生活動作を楽に過ごすための治療を行っていきます。

自律神経に鍼灸が有効な仕組み

鍼灸が内臓疾患や自律神経に効果を発揮する理由として、脳血流量の改善があげられます。

我々の身体には感覚神経があり、このおかげで触る、感じる、見るなどといった情報を受け取ることが可能となります。そして、その感覚器である皮膚などに鍼やお灸でわずかな刺激を施すことでその指令をある程度操作することが可能となるのです。

皮膚からの刺激、感覚は感覚神経を通じて大脳皮質に伝えられます。

そしてそこに至るまでに自律神経の中枢機関である延髄や視床下部などにも刺激を送ります。

この刺激を特に与えることができるのが「ツボ」と呼ばれる存在。

このツボに適切に施術を行うことでその該当する症状を緩和し、根本から自律神経を調節することが可能となります。もちろんその為にはどのような症状が現れていて、どのような治療が必要なのか、どの「ツボ」を使う必要があるのかをじっくりと考えなければいけません。

しかし、自律神経の治療や難病症例を多く取り扱う施術を毎日行っている当サロンではその経験値も症例数も一般的な治療院やクリニックよりも数多くあります。

そして、この自律神経の治療は不定愁訴だけでなく、ドーパミン分泌低下が起こっている“脳機能”も正常化させることができる可能性も十分に含まれます。

「倦怠感がなく身体が軽くなっている」「そういえば関節が動かしやすい」このようなことはよく見られる状態ですが、これも自律神経が調整され脳機能が正常化されているひとつの目安になります。

施術だけではない、カウンセリングとソウルコーチング®

自律神経系、脳機能の調節自体は鍼灸でも可能ですが、それだけ治せばよいかというとそれだけでは不十分。

鍼灸だけでパーキンソン病が治るのであれば、悩みを抱える患者さんはもっと少ないはずです。それはやはり鍼灸だけでは足りないからです。

なぜなら人間は感情で生きています。そして、この感情は身体や痛みにも大きな影響を与えます。失恋をした場合や、仕事で大きなミスをしてしまった人が翌日からいつも通りに元気に仕事をできるかというとそう簡単にはいきません。何をするにしてもやる気がでず、仕事も休みたくなるのも仕方がないことでしょう。

逆に良いことが続いている時、何をしても良いことが続いた経験はないでしょうか?

感情が高まり、安定すると体調も良くなり、仕事や作業のパフォーマンスも高まります。感情やメンタルが低下すると血流や筋肉の状態を支配している自律神経にも大きな影響を与えるのです。

そして、この考え方は何千年も昔から東洋医学では当たり前に診られてきていること。例えばストレスがかかった状態になると自律神経は不調をきたす以外にも左の頬に発疹や神経痛のトラブルが現れやすいという特徴があります。

これは東洋医学では肝臓にあたる位置であり、その肝臓の治療を一緒に施術すると発疹やストレスを緩和させることが可能となります。結果自律神経も整い、体調も楽になっていくのです。

患者さんそれぞれ、生活環境も体質も異なります。全く同じ症状、同じ治療法で良いという事態は発生しません。しかし、いま現れている症状と生活環境は必ず関連性があります。

そこ見つけ出すための問診、カウンセリングに当サロンでは30分から1時間程度時間をかけます。ほんの10分程度の時間で判断、特定することは困難。真剣に患者さんと向き合って、感情、症状、生活環境、ストレス、自律神経、すべてを総合的に治療する。それが我々の役割であり、使命であると考えています。

なぜ美容鍼灸専門院がパーキンソン病を治療する?

ご存知の通り、当院は美容鍼灸専門院です。

美容鍼灸というとエステの延長線上やキレイになるためだけのものと勘違いされますが、実際のところ美容鍼灸は「治療行為」です。特にその本質は「自律神経を調整することで健康と美しさを創る」という概念。

先ほど触れたように、メンタルと自律神経、メンタルと体調、メンタルと内臓、メンタルと皮膚はすべて繋がっています。そして、その状態が最も反映されやすい部位が「顔」なのです。

また、パーキンソン病が女性に多い疾患であることであるのも当院が治療に力をいれている理由のひとつです。

※出典:㈶日本美容鍼灸マッサージ協会
URL:http://www.j-face.jp/

また、顔の筋肉は脳神経に直接支配されており、身体の筋肉やツボとはその重要性が異なります。ダイレクトに自律神経や脳神経に良い影響を与えるには顔への施術というのも非常に有効な手段でもあるのです。

我々認定美容鍼灸師は顔のシワやスキントラブルを聞くだけである程度の身体状況やメンタルの状況を把握することが可能です。

そして身体の治療を行うとお顔も自然と素敵な表情に変化していくのです。これが世界標準である美容鍼灸の考え方です。
※顔への施術なしでも自律神経を改善させることは十分可能です。

更に効果を高める方法のひとつとして顔への施術も有効であるというひとつの考え方と捉えていただけますと幸いです。

美容鍼灸の専門家になるきっかけであるパーキンソン病

美容鍼灸や難病症例を多く診る当サロンですが、当院はもともと歩行困難な難病の方や高齢者の方を診る治療院が始まりでした。当時よりパーキンソン病の方を専門的に診ていた私は一人の患者さんと出会い、美容鍼灸の道に進むことになります。

その方は80代のパーキンソン病を患う女性でしたが、一番の悩みは「容姿のお悩み」。

前身の筋肉が硬くなるパーキンソン病で見られる特徴的な症状に「仮面様顔貌」という症状があります。表情筋が硬くなり動かせなくなってしまう影響で表情がうまく作れなくなり、次第に無表情、常に仮面をつけている状態になってしまう症状です。

当時の私は身体の動きを良くしたり、痛みを取り除いたりすることは一定の効果をあげることができていましたが、この仮面様顔貌の症状だけは改善させることができなかったのです。

身体の動きが良くなっても人に会いたくないから外に出ない、動きたくないというその気持ちは男性や一般の方には理解しにくいかもしれませんが、若いころから美しかったと評判であったその患者さんにとっては何事にも耐えがたい事実だったのです。

この患者さんをきっかけに症状や身体の一部だけではなく、全身、気持ちまで診ることができる治療家にならないといけない。そう思うようになり美容鍼灸師を必死で学びました。

おかげさまで今でも遠方からパーキンソン病症状の治療に通って頂いたり、難病の症状を含めて美容鍼灸を施させていただいたりするのは僭越ながら生きがいを感じています。

症状だけでない、病気だけでない、身体だけでない、すべてを診ることができるのが美容鍼灸であり、病院やクリニックでは提供できない「医療」のひとつではないかと私は信じています。

本当に効果でるの?

もちろん個人差はありますが、当サロンはおかげさまでパーキンソン病の治療においても一定の改善率を誇っています。

前身である訪問型治療院からの実績を含めるとその症例数は非常に多岐にわたります。症状により改善の幅も様々ですが今まで薬や整体などでは改善しなかった方ほど改善しやすい傾向にはあります。

しかし、残念ながらすべてのパーキンソン病が100%治ると断言するとは言えません。年単位で患われた症状をたった一度の施術、カウンセリングで解消することは不可能に近い行為です。

原因がいまだ特定されていない以上、その治療法も他の疾患以上に考慮が必要です。

しかし、原因が特定されない疾患や全身の体調を改善させることが得意分野である鍼灸師であるからこそ、改善を諦めている患者さんに寄り添える治療を提供させていただいております。

〇硬い表情だった母がここに来るようになって表情が少し柔らかくなった気がします。
〇常に寝たきりで、座っていることもできませんでしたが今では車いすでの外出もできています。
〇服を着るのが一番大変でしたが今では一人でも着られるようになり、良くなるものだなと感心しています。

このように、徐々に症状を改善、消失させて最終的に元気な以前の状態に戻っている患者さんは数多くおられます。

しかし、ここで紹介する感想も今まで改善してきた患者さんの声であり、今このページを読んでいるあなたの症状とは異なります。

まずは一度我々に会い、施術やカウンセリングを体験されてみてから、受ける価値があるのか、治療を開始するかを検討されることをおススメさせていただきます。

どの程度通えばいいの?

集中して通って頂くのは、一般的に1回/週を7~10回。
その後は1回/月程度、メンテナンスとして通われたり、悪化しそうになった時に再度来院されたりする方が多い傾向にあります。

早い方では5回程度で初期に訴えられていた症状が完全に消えることもありますが、7~10回目で良い状態が定着し、状態が元に戻りにくくなってきます。1回目で改善を感じて頂くことがほぼ確実にできますが、年単位で抱えられた症状を取り去ることはできません。

また、その症状悪化も日々進むため、たった1回の施術の作用が一生続くということはありません。まずは5回続けてみることをオススメします。

5回続けると、体調の変化だけでなく気持ちも生き生きしてくるため、まわりからも褒められたり、雰囲気の変化を感じて頂けたりするのもこの頃が多いです。
詳しくは、カウンセリング時に必要な治療回数なども丁寧にご説明いたしますのでご安心ください。

どんなことをされるの?

当サロンは完全マンツーマンでのカウンセリングと施術を行っております。
一例にはなりますが下記の施術の流れをご参照ください。

1.ご予約、ご来院

当サロンは完全予約制となっております。
必ずご予約のうえ、ご来院ください。
お電話が難しい場合はLINEやメールでのご予約も承っております。
詳しくはこちらから

2.カウンセリング

当サロンは完全予約制となっております。
必ずご予約のうえ、ご来院ください。
お電話が難しい場合はLINEやメールでのご予約も承っております。
詳しくはこちらから

3.施術・治療

全身の鍼施術をしていきます。
主に手足、腹部、顔面部の治療を行っていきます。
場合によっては徒手での関節治療も行います。
鍼が怖い方は鍼以外で改善可能な施術もご案内いたします。

4.ハーブティーとアフターカウンセリング

施術効果の説明、注意点等をドリンクと共にご説明いたします。
改善には生活習慣の改善も必要となる場合が多くあります。
セルフケアの方法や改善方法などもご提案させていただきます。

パーキンソン病、パーキンソン症候群に関わる症状でお悩みの方はすぐにご相談ください。

当サロンの予約枠は決して多くはありません。
月によっては新規のご予約が取れずやむを得ず予約が来月になる場合もございます。ご了承くださいませ。

カウンセリング、施術をご希望の方はいますぐお電話かweb予約フォームより「難病治療」をご選択いただきご連絡ください。

まずはお気軽にお問い合わせください。

初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line
初回限定美容鍼灸クーポン web予約 line